本文へジャンプ
奈良県橿原市八木、および桜井市にある高校受験専門進学塾。奈良・畝傍・郡山高校進学を目標に徹底指導を行います。

SHINGAKUJUKU SORA
進学塾SORA
奈良・畝傍・郡山高校を目指す塾
生徒全員を伸ばす塾
小5〜中3対象
塾長 上江洲康司
奈良県橿原市葛本町
834−2
TEL 0744-23-1586
受付時間
月〜土(祝日を除く)
14:00〜20:00




進学塾SORA桜井校、初めての定期試験

先日、各中学校で、一学期の中間試験が実施されました。進学塾SORA桜井校が開校して、初めての定期試験。新しく塾に通う生徒、他の塾から転塾してきた生徒と様々ですが、皆とても頑張っていました。結果、
新入塾生全員が点数を伸ばし、全員の5教科合計の平均が以下のように伸びました。(3学期期末試験比)

・中2→67点アップ!
・中3→42.4点アップ!

よく、塾の広告で見るのは「中2Aさん73点アップ!!」みたいなのですが、それは上がった子だけをチョイスしたものです。SORAは全員の平均でこの点数アップですから、数字の意味合いがまったく違います。

ちなみに一番点数が上がった生徒は
268点→405点の137点アップ。その次が131点アップの生徒。確かにSORAには最初から勉強ができるという生徒も少なくありませんが、SORAで学んでできるようになったという生徒もたくさんいます。もちろん八木校の生徒達も伸びています。今回の定期試験、過去最高点が取れたという生徒多数です。

ただ、正直なことを言いますと、一般には三学期の期末試験というのは範囲が広くなるので、平均点は低くなることが多いんです。逆に、一学期の中間試験というのは逆に平均点が高めになることが少なくありません。ですから、上がりやすいと言えば、上がりやすいのです。それでも中2で67点、中3で43点というのは、平均点の差を大きく超えています。つまり生徒達の頑張りは大したものだったということでしょう。

今回上がったのは大変よいことですが、喜んでばかりもいられません。上げるのが難しいのは「一回目」ではなく、むしろ「二回目」です。

点数が一回上がって、その次のテストで、その点数を維持、あるいはそれよりさらにアップというのは、一回上げることの倍難しいです。よくそういうのは「気の緩み」で語られることが多いのですが、これは単なる「気の緩み」ではありません。(このあたりのメカニズムというのか、そういうことは普段生徒達にはよく話をします。「敵」を知らなければ乗り越えることができませんから。)

あと、中2なんかは平均点で67点も上がっていますが、これだけ上がるということは、
ORAには元から勉強できる子ばかりが通っているわけではないということです。400点以上取っている子ばかりならば、平均で67点はそうそう上がるものではありません。もしそうだったら塾生平均が467点以上ということになってしまいます(笑)

もちろん、最初から成績優秀だという子もSORAにはいますが、入塾してから伸びていった子もたくさんいるということなんです。